論より証拠!エビデンスについて

以下は某分析センターで行った、ウイルス不活性化試験(菌の死滅)、細菌抗菌力試験(菌の増殖を抑える力)、抗原抗体反応試験、急性経口毒性試験、皮膚一次刺激性試験のエビデンス(検証結果、科学的証拠)です。

◆ノロウイルス不活性化試験

◆抗菌力試験(大腸菌、O-157、モラクセラ菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌、MRSA)

◆抗菌力試験(クロコウジカビ)

◆抗菌力試験(アクネ菌)

◆抗原抗体反応試験(スギアレルゲン測定)

◆急性経口毒性試験

◆皮膚一時刺激性試験

エビデンス ノロウイルス不活性化試験

左のエビデンス ノロウイルス不活性化試験をご覧ください。24時間経過後も菌の活性化は認められませんでした。尚、ノロウイルスは培養できないため、代わりとしてネコカリシウイルスの不活性化試験が一般的となっています。

エビデンス 抗菌力試験

下表の大腸菌、O-157、モラクセラ菌(洗濯生乾き臭の原因菌)、緑膿菌(化膿性炎症、緑色の膿)、黄色ブドウ球菌(食中毒を起こす菌の一種)、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。免疫力が低下している人が感染症を引き起こすことがあります。)などにも非常に高い効果があることがわかります。

大腸菌 O-157対照30分大腸菌 O-157検体30分
大腸菌 O-157対照2時間大腸菌 O-157検体2時間
大腸菌 O-157対照24時間大腸菌 O-157検体24時間

エビデンス クロコウジカビ抗菌力試験

下表のクロコウジカビ(エンベローブのある菌)にも非常に高い効果があることがわかります。72時間後でも抗菌力を保持しています

クロコウジカビ対照24時間クロコウジカビ検体24時間
クロコウジカビ 対照48時間クロコウジカビ検体48時間
クロコウジカビ検体72時間クロコウジカビ検体72時間

エビデンス アクネ菌抗菌力試験

下表のアクネ菌(ニキビの原因菌)にも非常に高い効果があることがわかります。

アクネ菌 対照5分アクネ菌 検体5分
アクネ菌 対照15分アクネ菌 検体15分
アクネ菌 対照30分アクネ菌 検体30分

エビデンス スギアレルゲン測定

スギアレルゲン測定で2時間及び、24時間後も抗原抗体反応は認められませんでした。

エビデンス 急性経口毒性試験

マウスに銀イオン水溶液を14日間強制経口投与し、観察を行いました。体重変化の差や異常、死亡例は見られませんでした。

エビデンス 皮膚一次刺激性試験

ウサギの皮膚に注射器で傷を付け、銀イオン水溶液を浸したガーゼパッチを4時間皮膚に接触させました。その後注射用水で清拭し72時間観察を行いました。ガーゼパッチ除去後1時間に軽度~はっきりした紅斑が見られましたが、48時間までに消失しました。

ページのトップへ戻る