aquela blue 水素水サーバー アキュエラブルー

電解飽和水素水生成器・アキュエラブルー紹介ビデオ

続けるなら濃度も経済的にも一番お得なアキュエラブルー

アキュエラブルーはエコモ・インターナショナルが販売した最初の商品です。独自の特許電解技術により、pH値を生体水(中性域)に保ちながら 水素を飽和状態まで入れることができ、販売から10年近くたった今でも高濃度水素水生成器のトップシェアを走り続けています。

今までにないアイデアで世界を変えた

まだ日本に水素水という言葉が一般的でなかった頃、今までにない全く新しい水素水生成器が誕生しました。 その名は「電解飽和水素水生成器・アキュエラブルー」。17年という想像を絶する試作を経て、私達は世界初の電解飽和水素水生成器の 開発に成功しました。

水素の力で内側からイキイキ健やか。常識を覆す圧倒的な水素量

従来のアルカリイオン整水器や電解還元生成器では、水素を増やそうとするとpH値が高くなりすぎて 引用には適さなくなっていました。電解高濃度 水素水サーバー【アキュエラブルー】は独自の電解技術(アキュエラエンジン)により pH値を人体の生体水と同様の中性値に保ちながら水素を溶け込ませた水素水の生成に成功。アルカリイオン水や電解還元水と比較して 10倍以上(エコモ・インターナショナル比)の水素を含んだ水素水ができます。


特許電解技術で実現したアキュエラ 電解高濃度水素水サーバーシリーズ

アキュエラブルーはエコモ・インターナショナルが販売した最初の商品です。独自の特許電解技術により、pH値を生体水(中性域)に保ちながら 水素を飽和状態まで入れることができ、販売から10年近くたった今でも高濃度水素水生成器のトップシェアを走り続けています。


電解飽和水素水生成器アキュエラブルーが常識を覆す理由

既存の水との酸化還元電位の比較

従来の電解還元水生成器の場合、電気分解によって水素を豊富に溶存させようとすれば、 それと連動して、水のpHも高くなっていくため、やがてはpH10を超える水になってしまいました。 アキュエラブルーに搭載された電解槽アキュエラエンジンは、水のpH値を、人体の生成水と同等の中性領域に保ちつつ、 水素だけを特異的に溶け込ませることに成功しました。

ページのトップへ戻る