水素・水素水とは

健康・美容~病気の予防・治療まで、あらゆる可能性を秘めた水素!

2007年に日本医科大学院教授の太田成男教授らの研究グループがNature Medicineに論文を発表して以来、水素には、抗酸化作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・代謝促進効果、ほかにもさまざまな効果があると今、世界中で研究が進められています。続々と病気の予防や改善等にとても大きな可能性があることが多くの論文や臨床で実証されています。 まず、酸化とは?…物質と酸素が結合する化学反応のこと(電子を失う・酸素を得る)ですが、人間の体も歳とともに酸化され(サビ)ます。病気や老化は体内にできるサビが原因です。例えば、シミ・しわ(肌の酸化)、血管が硬くなる(血管の酸化)、癌化する(細胞の核の酸化=遺伝子を傷つける)などが代表的な変化です。

病気の原因とも言われる活性酸素

人が生きていくために必要な酸素は、呼吸によって体内に取り入れられ、栄養素と結びついてエネルギーになります。呼吸によって得た酸素の内、約2%は必ず活性酸素になってしまうと言われています。活性酸素には大きく分けて2種類あり、善玉の活性酸素(スーパーオキシド)と悪玉の活性酸素(ヒドロキシルラジカル)があります。ヒドロキシルラジカルは、正常な細胞やDNAを変性・破壊し、老化や病気を引き起こすと言われています。

活性酸素の発生する要因・関わる病気

呼吸のほかに日常において(悪玉)活性酸素が発生する要因がたくさんあります。

■紫外線
紫外線にさらされる皮膚や眼は、酸化攻撃を受けます。紫外線の刺激で酸素は活性酸素に変化し、皮膚や眼に直接ダメージを与えます。
シミ・しわ・たるみ、眼の老化・白内障

■化粧品
化粧品に使用される化学物質から活性酸素は発生します。(防腐剤と配合されているパラペン・色素・香料・顔料油性成分となじませる界面活性剤など)
シミ・しわ・たるみ
※皮膚を整えるために必要なのは保湿です。

■タバコ
タバコには200種類以上の有害な物質が含まれています。有害物質が肺の中に沈着すると、これを取り除くために白血球が活性化し、活性酸素を増加させます。
動脈硬化の促進(脳梗塞・心臓病など)血管の収縮・悪玉コレステロールの増加・血圧の上昇
呼吸器の病気(肺がん・喘息など)たばこの煙で粘膜が傷つく
胃・十二指腸の病気(潰瘍・がん)胃酸の増加や血管の収縮作用
肝臓・すい臓・膀胱がん 有害物質を分解・排泄する臓器への負担

※最も起こりやすいのは、肺への影響です。肺がんや肺気腫のリスクを高めます。

■多量のアルコール
アルコールは胃や腸では吸収されず肝臓で分解されます。この分解される過程で、活性酸素が生じます。ほどほどの飲酒であればよいのですが、大量のお酒を飲むと活性酸素発生量も増えてしまいます。

■排気ガス
空気中の汚染物質が多ければ、体内に呼吸を通して大量の活性酸素を発生させる原因物質が流れ込む事になります。
窒素酸化物(NOX):脂質を酸化し過酸化脂質を作る。
粒子物質(SPM):発がん性が疑われており、呼吸器疾患を悪化させる原因になります。

※温暖化や酸性雨も大気汚染と活性酸素が原因です。 ■水道水
水道水には、微量ながら様々な有害物質が溶け込んでいます。浄水処理で塩素を使用しますが、この塩素が作り出すトリハロメタンや汚染物質に、活性酸素を発生させる恐れがあります。

■ストレス・過労・暴飲暴食
強いストレス・過労・暴飲暴食は体内の活性酸素を増やし、体全体を酸化(サビ)させてしまう危険性があります。
血糖値があがって:強いストレスは、血糖を増やします。血糖値が高い状態が続くと、活性酸素の増加につながります。
ホルモンが分泌されて:ストレス時には副腎皮質ホルモンの分泌が増え、緊張感が高まります。抗ストレスホルモンを作るときにビタミンCが使われ、抗酸化に働く成分が減少します。
ホルモンが分解される過程で:抗ストレスホルモンが分解される過程でも、活性酸素が発生します。
血流が悪化して:強い緊張感があると、血管が収縮し血流が悪くなります。血流が再開通後に活性酸素が大量発生します。
検査・治療:殺菌・消毒・抗ガン治療などは、活性酸素がもつ毒性を利用して病気の治療をします。
※スピードを求める生活スタイル、暴飲・暴食、働きすぎは活性酸素を増加させます。ゆったりリズムが活性酸素の発生を防ぎます。

■過激な運動
運動量・呼吸回数が増えると活性酸素の発生量が増えます。また、筋肉にたくさんの血液を送り込んでエネルギーを作り出すとき、多く酸素を消費するため活性酸素の量が増加します。

活性酸素が原因とされる主な病態・現象等

【病態等の例】
脳卒中、脳梗塞、アルツハイマー、パーキンソン病、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病、胃潰瘍、リウマチ、痛風、各種肝炎、各種がん・・・等々

【現象(老化)等の例】
シミ・しわ・たるみ、肌荒れ、白髪、抜け毛、疲れ、肩こり、筋肉疲労、腰痛、関節炎、肥満・・・等々

水素の秘めたパワー1

悪玉活性酸素のみを除去する
水素は、大切な善玉活性酸素とは反応せず、酸化力が強い悪玉活性酸素にだけ反応します。つまり身体に良いものはそのまま、悪いものだけを除去します。悪玉活性酸素は水素と反応し水になって無害化されます。
※抗酸化物質には、ビタミンC・ビタミンE・ベータカロチン・ポリフェノール等が挙げられますが、これらは善玉・悪玉問わず活性酸素を除去する場合があります。

水素の秘めたパワー2

体の隅々まで届く
水素は、あらゆる物質の中で最も小さく、体の隅々まで届き、水にも油にも溶ける優れた拡散性があります。細胞内にまで浸透し悪玉活性酸素から細胞やDNAを守ります。 ※医療業界が注目する水素は、最強の抗酸化パワーを持っているのです。

水素の秘めたパワー3

肌荒れの炎症をおさえる(止める)
水素は、抗酸化だけではなく抗炎症作用があり、炎症の原因物質の炎症性サイトカインを適度にストップさせ炎症を最小限におさえる働きがあります。 大切な肌細胞が酸化して劣化してしまうのを水素は、肌内部の酸化を最小限防ぎ、若々しくキレイで自然な肌を取り戻そうとする動きが期待できます。

水素の秘めたパワー4

脂肪燃焼効果・新陳代謝をあげる
水素水を飲むと脂肪燃焼をはじめとするエネルギー代謝を活発にする肝臓から放出されるホルモンFGF21が増える事がわかりました。 マウスの実験ですが、水素を接取すると肝臓ホルモンFGF21が放出され、脂肪燃焼効果が上昇するので、体脂肪が増えず、脂肪肝のもならず、中性脂肪も増えすぎず、血糖値もあがらなかったという結果があります。 血液がサラサラになり、新陳代謝が活発になり、それによってエネルギー代謝が向上して脂肪が燃焼しやすくなって痩せやすい体質に変わっていく?!ダイエット効果にも期待があり、注目されています。

水素の秘めたパワー5

■ペットボトル入りの水素水は×。
ペットボトルの容器は、密閉していても水素は抜けいってしまいます。 アルミパウチのものも、口がプラスチックになっているものはNGです。フタも全てアルミ製のパウチなら保存が可能です。

■水素濃度は「0.8ppm」以上のものを選ぶ
購入時に水素濃度を確認して効果が十分に得られるものを選びましょう!ネットや口コミ等で調べる事や濃度を判定する試薬もあります。 以下、週刊文集で掲載された内容です。参考まで。
どんなに高い数値でもペットボトルや「充填時」の数値には注意。充填した時は数値が高くても、店頭に並んでいる時・飲むときには数値が減ったり、ゼロという事もあるかもしれません。

画像をクリックすると拡大します

※高濃度で作りたてを飲用するのがベストです。             
弊社取り扱い「電解飽和水素水生成機」は アキュエラブルー アキュエラ レジェンド1.6

ページのトップへ戻る